最近ってピッキング被害は減っているの?

こんにちは。本日はピッキング被害についてお話させていただこうと思います。
近年、空き巣によるピッキングの被害はまだまだ増加傾向にあります。何故かと言いますと、日本の世帯の約五割以上のお宅ではいまだにディスクシリンダータイプの鍵をお使いになっていると言われていまして、そしてこの鍵、実は少しの鍵の知識があれば簡単に開ける事が出来る鍵なのです。
例えるなら、何年経っても問題も答えも変わらないテストで満点をとるのと同じなのです。こういったカギのトラブルは非常に多く、一日に80件のピッキング事件が起こっている土台となってしまっているのです。

簡単な解決だけで言えば、カギをカードキータイプの物に交換するのが非常に防犯に役立ちます。クレジットカードのように磁気面が露出していないのでスキニング(カード読み取り)もやりにくく、現時点では一番防犯に向いているといえます。
防犯対策を強化する作戦でいくならば、ホームセンター等で売られている感知式のライトやダミーカメラを玄関や勝手口に設置するだけでも、泥棒は非常に嫌だりますので効果は高いです。
そして、家族構成や住んでいる人間がどんな人かを観察してから犯行に及ぶ事も多いので、カーテンは派手すぎたり可愛すぎたりしない物をお選びいただき、洗濯物を干したり、取り入れたりする時間をみて犯行に及ぶので、少しずらしたり夜中まで洗濯物を干しっぱなしにしないようにお気をつけください。

これだけでかなり防犯レベルが上がりますよ。